データ作成ガイド(Photoshop)

データを作成した後、「テンプレート」ページよりテンプレートをダウンロードしてください。
ご注文の際アップロードしていただくのは、テンプレートファイルに貼り付けたデータです。

トンボについて

Photoshopには、トンボを作成する機能がありません。弊社の提供する「テンプレート」をご利用頂き、塗り足しの設定をお願い致します。
A4サイズの印刷をする場合は、「ドキュメントのサイズ」を塗り足し分が含まれたサイズで設定する必要があります。そのため、テンプレートではA4サイズ→297mm×210mmに対して、塗り足し4辺 3mmとして、303mm×216mmと設定されております。
設定の変更は行わないようご注意下さい。

塗り足しについて

フチなしでの印刷をご希望の場合、仕上がり線ギリギリでデザインを制作すると、断裁時の誤差により端に白い箇所が出てしまう場合があります。端に白が出ないようにするためには、背景のデザインをトンボの外側まで伸ばしていただきます。(これを塗り足しといいます)

ガイドを使用して、画像のかかりや文字の切れなどを確認することができます。ガイドは、左辺と上辺にある定規からドラックすれば作ることができます。

逆に仕上がりの内側ギリギリ(1.5mm程度)に文字を入れますと、切れてしまう可能性がありますので、ご注意ください。

カラーモードについて

データを作成する際に、まずはカラーモードを「CMYKモード」に設定してください。ファイル作成後、「ファイル」メニューの「ドキュメントのカラーモード」がCMYKカラーになっている事を確認します。データの作成途中でRGBからCMYKに変換すると色が意図通りに出力できません。

画像解像度について

解像度は必要なサイズの300~350dpiになるように作成してください。一度作成した画像を拡大すると解像度は低くなってしまいますのでご注意ください。
Webなどで使用されている画像はほとんどが低解像度のため、元データのまま印刷物に使用することは避けてください。 「イメージ」メニューの「画像解像度」で確認できます。

レイヤーについて

作業途中で作成したレイヤーは一枚の背景レイヤーに統合してください。
「オプション」メニューの「画像を統合」を選択してください。これにより、ファイル保存時にPhotoshop形式外でのフォーマットを選択できるようになります。「画像を統合」を行わないとPhotoshop EPS形式での保存ができません。

保存形式とプロファイルについて

Photoshopには色々な保存形式がありますが、入校データの作成時はPhotoshopEPS形式でお願いいたします。エンコーディングは【Jpeg:最高画質】を推奨致します。

EPSオプションは、Windowsの場合は「プレビュー」をTIFF、Macintoshの場合は「プレビュー」をMacintosh(8bit/pixels)に設定してください。「エンコーディング」はASCII85でお願いいたします。
【Macintoshの場合】

【Windowsの場合】

営業日カレンダー
9月の営業日カレンダー
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10月の営業日カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月曜~金曜日
15時までの完全データ入稿分が最短翌々営業日発送になります。
土・日・祝日
休業日:ご注文は可能です。
ソリューション画像
会社概要

ページの先頭へ戻る

激安! フルカラーA4・B4チラシ印刷は激安チラシ印刷.com